2014年3月22日土曜日

はい再起動 


しばらく休んでたら 
このまま蒸発したくなったので
なんとか 気を取り直して 掃除でもしてみた

これでも歩けるようになった
仕事をはじめよう〜って 感じやけど 
いきなり 明日はアマゴの放流です 
なんやかんや いそがしい・・・



「なんであんたが きれいな物作れるか不思議やわ」って何度も言われるから ぎゃくにこうでないと出来ないと 思うようになった



ゴソゴソ部品を発掘した 
20年?? もっと前かな 
北海道の巨大なニジマスを8X 7Xで釣る とかで〜
開発の依頼があった時の試作完品 
#5/6 マルチプライヤーと #6/7
普通のドラッグは 滑り出す瞬間手前が最大テンションで その後 滑り出すと少し弱くなる 
そして止まると またテンションの山がって繰り返す訳ね〜〜 ぼくの考えたこのドラッグは 設定した最大テンションまで滑らかに増加してその後一定に保たれる 
下部のワンウエーギア(スプールにワンウエイでクラッチ)にコルク板が敷いてある 
それをテフロンディスク付きの穴空き空き板が押さえ付けて テンションを与える
しかし この板に圧を加えるコイルバネは 軸方向と回転方向に作用するのですよ!
押しバネと 回転バネ(ゼンマイ)の基本形状を同じと考えると
押しバネ的には 押されたら反発する(テンションがかかる)
回転バネ的には コイルの両端を固定すると 回転に逆らい元に戻ろうとする 
まぜまぜすると 押しバネ的に押さえられた板が滑り出すまで回転バネ的に頑張る
動画で見るとこういう事 わかるかな?
video


2014年3月15日土曜日


Woodstick Keihoku 

2014 開催2014年4月26日(土)~27日(日) 

時間 10:00~16:00(両日) 

開催場所 京都府ゼミナールハウス  


バンブーロッド リール シルクラインなど  商品の展示と実際に手に取ってお試し頂ける二日間です 


参加クラフトマン

伊集院 一智 Ijuin-Rod

井澤 拓史 Happy face trout  

大森 源一 Bigforest Bamboo Rod

原田 克己 原田竹竿

杉江 秀生 Biwako archive

大川 幸仁 Miyuki-Split-Cane-Rod-Maker 

矢野 宏治 YANO SILK LINE

川嵜 明彦 Alchemy Tackle Producer

木下 朗親 KinoshitaRod & PontaCraft 

窪田 孝幸 KYOTO FLY 

草野 信一   Glass Field

鈴木 哲也 Suzuki Bamboo Rod

榛木 敏之 Hariki Ferrule 

飯村 武二 ワークス・アイム(バンブーロッド+α)

金川 昌弘 Solide carbon Rod

佐賀 新一郎 Saga Rod

小竹 英信 Bum Rod

井上 育也 パラダイス・ロッド

佐向 記尚 魚香竿 

松本 一良 Bright liver
    
4月26日 Woodstick うだうだ宴会 
参加自称ミュージシャン

Yasuhisa Ishida 

松下 順一 & お二人さん

古川 浩 

奥居 正敏 

その他 ほぼ全員 

いろいろ・・・・

また開催中は 出展者によるワークショップ「ココだけの話」も行われます

参加者(メーカー アマチュア問わず)募集もしております
お問い合わせは 
E-mail  info@kineyatackle.com   
電話 075-854-7220  奥居まで

313 の デリケートなカム
















model 313 のドラッグカムを変更した
元は 効く!って 変化量が大きい設定だったのだが 
超微細に可変出来るようにした 
毎年 Catskill で お世話になっている  313 オーナーから 
2〜3年? 預かってたようで・・
京北に 明後日来るって事なので ゴソゴソ致した次第/ 

このような方 他にも沢山居られると存じますが 皆さん ごめんね